純資産総額とは



■純資産総額
純資産総額とは、投資信託の時価総額から信託報酬などの、手数料(コスト)を差し引いたものです。

わかりやすくいうと、その時の投資信託の実質的な価値のことです。

例えば、当初500億円の時価総額であった投資信託が、2年間運用した結果550億円の時価総額になった場合は、

純資産総額=550億円-手数料
となります。

この手数料は、投信の売買や運用にかかる販売手数料、信託報酬、信託財産留保額などの費用のことです。

■純資産総額が増えるケース
投資信託の純資産総額が増える原因は、次の2つのケースがあります。

1)時価総額が上がる
運用によって、投資信託の価格が上昇すると、当然、純資産総額が増えることになります。

つまり、投資信託自体の価値が上がることで、投資家にとっては一番歓迎すべきことです。

2)購入した投資家が増える
運用成績とは関係なく、購入した投資家が増えた場合も、純資産総額が増えることになります。

これは、人気のある投資信託ではよくあることで、募集時の数倍から数十倍になることもあります。

しかし、1つ気をつけたいのは、純資産総額が増えているからといって、必ずしも運用成績が好調とは限りません。

例えば、運用成績が悪く時価総額が10%減ったとしても、購入した投資家が50%増えれば、結果的に純資産総額は、かなり増えることになります。

■純資産総額が減るケース
増えるケースと正反対に、次の2つのケースがあります。

1)時価総額が下がる
運用成績が悪いと当然のことながら、純資産総額が下がってしまいます。

2)売却する投資家が増える
投資信託の人気がなく、売却する投資家が多くなれば、純資産総額が減ります。

たとえ運用成績が良くても、それ以上に売却する人が多くなれば、同じ結果になります。

このように純資産総額は、その投資信託全体の価値を表すもので、これだけでは運用成績が良いかどうかは、判断できませんので注意しましょう。



次>基準価格とは
home

(c)投資信託NAVI