ポートフォリオとは



■ポートフォリオとは

資産を効率的に運用するには、重要なことがいくつかありますが、特に重要なのが投資を始める前に、ポートフォリオを作ることです。

ポートフォリオとは、資産をどんな金融商品に、どれくらいの割合で投資するかのことで、資産を管理する上で大切なポイントになります。

資産を運用する場合は、リスクやリターンをよく考えて複数の金融商品に、配分して投資するのがよい方法です。

このときの配分の仕方や組み合わせにより、資産の増え方が大きく変わってきます。

<ポートフォリオの1例>
1)定期預金35%
・・・銀行や郵便局の定期預金。リスクがなく安全。

2)債券15%
・・・国債や公社債。リスクはほとんどないが金利が低い。

3)生命保険10%
・・・病気や老後の保障。

4)投資信託20%
・・・リスクがかなりある。

5)株式5%
・・・株式の取引。リスクが一番大きい。

6)普通預金15%
・・・いつでも引き出し可能で、自由に使える現金。

このように、
・リスクが少ない定期預金や債券、生命保険
・リスクが大きい株式や投資信託
・日常で必要な普通預金
の3つに分けて、ポートフォリオを作るのが一般的です。

どの金融商品にどれくらい投資するかは、その方のライフスタイルや現在の状況によっても違ってきます。

投資信託の場合も、どの銘柄にどれくらいの資産を投資するかが、とても重要になってきます。

投資信託は、株式や債券に詳しくなくても、プロに運用を任せることができ、手軽に始められます。

しかし、銘柄の選び方によって、大きな利益が出たり、逆に損をすることもありますので、よく検討しておきたいものです。



次>プロが投信を運用|メリット1
home

(c)投資信託NAVI