投資信託の運営・管理は



投資信託は、今では証券会社だけでなく、銀行や郵便局でも手軽に購入できる、金融商品の1つになっています。

運用自体は、投資の専門家であるファンドマネージャーと呼ばれる人達が行っていますが、投資信託の運営は1つの会社だけで、全てを行っているわけではありません。

投資信託を運営している会社は次の3つがあり、それぞれ役割が分担されています。

■投資信託の運営会社
1)販売会社(販売)
投資家に投資信託を販売する窓口で、主に証券会社、銀行、郵便局、保険会社などがこの役割をしています。

また、販売だけでなく分配金の受け取りや、売却窓口でもあります。

2)信託銀行(資金管理)
販売会社で集められた資金は、必ず信託銀行に移され、ここで資金の管理が行なわれます。

信託銀行は、下記の運用会社からの指示を受けて、株や債券の売買を行っています。

3)運用会社(運用)
投資信託の運用を、信託銀行に指示する会社のことで、正式には投資信託委託会社と呼ばれています。

実際に、現金を直接管理することはなく、ファンドマネージャーはこの会社の社員です。

このように販売、資金管理、運用の3つを別々の会社が行っているのは、明確な理由があります。

それは、資金の安全性と信用をしっかり確保するためです。

投資信託というのは、不特定多数の投資家からお金を集めて、その運用そのものを運用会社が、自由に決めることができる金融商品といえます。

このため、1つの会社だけに投資信託の全てを任せてしまうと、資金の不正使用や非常識な運用方法などで、投資家が不利になる可能性があります。

そこで、販売、資金管理、運用の3つに分けてチェック機能を設け、安心して任せることができるように、なっているのです。



次>投資信託の売買は
home

(c)投資信託NAVI