最低購入価格|メリット4



■最低購入価格
投資信託は、最低1口1万円から手軽に購入できます。

しかし個人が1万円で、株式や債券を購入するとしたらどうでしょう?

希望する銘柄の購入は、ほぼ不可能に近くなります。

仮に20万円用意しても、購入できる銘柄数は限られ、複数の銘柄に分散投資することはとてもできません。

株式の売買では、個別の銘柄を指定して、それぞれの価格をチェックしながら、売買することになります。

リスクをおさえるために、複数の銘柄に分散投資する場合は、100万円以上の資金を用意する必要があります。

そして、株価情報や企業業績をチェックする時間もばかになりません。

投資信託を購入するにあたり、何十万円あるいは、何百万円の資金を用意する必要があると、なかなか購入しずらくなります。

このようなことがないように、投資信託は最低1万円から購入できるものが多く、経済的な負担が軽くなっています。

購入価格が1万円であれば、試しに購入したり、少し生活費を節約すれば、抵抗なく購入できる金額です。

ちなみに、2003年〜2008年の5年間で投資信託の投資額は、約2倍に増えているという統計がでています。

もちろん、銀行や郵便局の低金利も、大きく影響しているのも事実でしょうが。

なお、1口1万円という金額は、募集期間だけ購入できる単位型と呼ばれる投信で、いつでも購入できる追加型の投信は、常に市場の変動に合わせて、購入価格が変動しています。



次>元本保証ナシ|リスク1
home

(c)投資信託NAVI