元本保証ナシ|リスク1



投資信託のリスクは、大きく分けて次の4つがあります。

1)元本保証なし
2)クローズド期間
3)手数料(コスト)
4)為替レート

ここでは元本保証について解説しますが、これには価格変動リスクと信用リスクがあります。

■価格変動リスク
投資信託の投資対象は株式や債券ですから、当然、投資信託もこれらに、連動する傾向があります。

日本国内の株式を対象とした投信であれば、日経平均株価が上昇トレンドのときの運用成績は、好調になるのが普通です。

逆に下降トレンドのときには、運用成績を上げるだけでなく、元本保証さえむずかしくなります。

たとえ、プロのファンドマネージャー(投信の運用担当者)であってもです。

また海外の株式や債券を、主な投資対象にしている投資信託では、その国の経済状況によって、大きく影響されることもあります。

投資信託は、複数の株、債券に分散投資するので、リスクを抑えることができます。

しかし、市場全体のトレンドに逆らうことはできないわけです。

ですから、投資信託を購入する場合は、元本保証がなく、運用成績次第で元本割れもありうることを、十分理解しておく必要があります。

■信用リスク
信用リスクとは、株式、債券などを発行している企業や団体が、倒産してしまうことをいいます。

このような株式、債券が組み込まれた投資信託は、一気に運用成績が悪くなり、元本割れの可能性が非常に高くなります。

とはいえ、主要な銀行や証券会社、郵便局で販売されている投資信託は、このような信用リスクが起きないよう、銘柄の選定には十分配慮されていますので、あまり気にすることはないでしょう。

ただし、先進国と比べ新興国の投資信託の場合は、信用リスクが大きくなることは確かなので、購入の際は気をつけたいものです。



次>クローズド期間|リスク2
home

(c)投資信託NAVI