投信の購入窓口



以前は、投資信託の購入といえば、証券会社と相場は決まっていましたが、現在では、銀行、JAバンク、信用金庫や一部保険会社でも購入できます。

また、数年前からは郵便局やネットバンクでも、購入できるようになりました。

つまり、お金を扱う窓口であれば、ほとんどの所で投資信託が購入できるのです。

これだけ購入窓口が広がっているので、投資家の方には選択肢が多くなり、売買が便利になりました。

とはいえ購入時には、次の2点を注意しておく必要があります。

■購入時の注意点1
投資信託の銘柄数は、現在約3000本ほどが販売されていますが、全ての販売窓口で、全ての銘柄の投信を扱っていないということです。

取扱い銘柄数は各窓口で違いがあり、投信を購入する前に、確認しておく必要があります。

取扱い銘柄数が多いのは、証券会社や銀行、ネットバンクで、保険会社や郵便局は、かなり銘柄数が少なくなっています。

また、たとえ証券会社、銀行、ネットバンクであっても、全ての銘柄を扱っていませんので、ご注意ください。

■購入時の注意点2
販売窓口の担当者の、知識や経験に差があることが2つめの注意点です。

これは投資信託の購入にあたり、わからないことや疑問点を相談する場合の、大切なポイントです。

証券会社は長年、投資信託を販売してきたこともあり、担当者はツボを押えたアドバイスをしてくれます。

銀行も投信の販売に力を入れているため、経験豊富な担当者が窓口にいます。

しかし、郵便局や保険会社は投信の販売を始めて、まだ日が浅いため証券会社や銀行と比べると、知識、経験ともにやや不足といえます。

このため、郵便局で販売されている投資信託は、内容のわかりやすい投信に絞られています。

(もう数年もすれば、このような状況も変わってくるでしょうが。)



次>投信の口座開設
home

(c)投資信託NAVI