インターネットで購入



インターネットの利点は、なんといってもパソコンとネット環境があれば、いつでも素早くオンライン上から、投資信託の取引ができる点です。

わざわざ窓口に出向いたり、電話をかける必要もありません。

口座の開設も、インターネット上から申込書を請求できます。
送られてきた申込書に、必要事項を記入、捺印して、身分証明書を添えて返送すれば、約10日〜2週間で投信専用の口座を、開設することができます。

インターネットを利用して取引できる、いわゆるネット証券には2種類あります。

1つは、証券会社や銀行の窓口の他に、ネット上からも取引ができるタイプのネット証券です。

もう1つは、窓口は一切設置せず、インターネットからの取引だけを、行っているタイプのネット専業証券です。

代表的なものに、ソニーバンクやSBI証券、カブドットコムなどがあります。

■ネット証券のメリット
1)手数料
窓口を通さずに、ネット上から直接注文をだし、経費を節約できるため、全般的に手数料が安くなっています。

2)利便性
ネット環境があれば、いつでも投資信託を注文することができます。
パソコンだけでなく、携帯電話からの注文にも対応する、ネット証券も増えてきました。

3)銘柄数
最近、取扱う投信の銘柄数も多くなってきて、選択の幅が広がってきました。

■ネット証券のデメリット
1)アドバイス
窓口の担当者がいないため、わからないことや疑問点があっても、相談することができません。

2)システムのトラブル
ネット上からの取引になるため、プログラムのバグや思わぬトラブルが、起る可能性があります。
(ただ、今まで大きなトラブルは、ほとんどありません。)



次>証券会社で購入
home

(c)投資信託NAVI