投信売却のタイミング



投資信託の運用の基本は、できるだけ低コストで長期的に運用し、しかも分散投資することです。

この3つが上手くいけば、5年〜15年以降には、大きなリターンがかなりの確率で期待できます。

しかし、いろいろ状況が変わっていく中で、投資信託の償還前に売却するケースもありえますので、売却のタイミングについて取り上げました。

■売却のタイミング
1)運用成績が悪いとき
これは、投資信託を売却するときの、一番の原因になります。

過去の運用成績が悪いだけでなく、将来的にも運用成績がよくなる見込みがないときは、早めに売却して他の投資信託に、乗り換える方が得策です。

ただし、購入してから数カ月程度、運用成績が悪いというだけで、すぐに売却するのは手数料(コスト)の面でも不利になるので、最低1年ぐらいは様子を見たいものです。

2)投信の運用方針が変わったとき
投資信託は、運用会社によって途中で運用方針が、変更される場合があります。

例えば、債券を中心にした投信だったのに、株式の比率を多くして、高いリターンを求める投信になることもあります。

もしこれが、自分の考えている運用方法と食い違うようなら、売却を検討しましょう。

途中で運用方針が変わったときは、新しい目論見書が送られてきますので、必ず内容をチェックしておきましょう。

3)自分の運用方針が変わったとき
今までの運用で十分資産の蓄えができて、趣味やレジャーに使える余裕ができたときや、その逆に積極的な資産運用を目指すときなどです。

目的に応じて、投信の内容を検討して、売却や買い替えをするのがよいでしょう。

4)投信の価格が大きく上昇したとき
投資信託の運用益は、平均して年率5〜8%程度が一般的です。

運良くそれよりも大幅に、投信の価格(基準価格)が上昇したときも、売却のタイミングです。
(もちろん、そのまま保有し続けるのも自由です。)

株式にしろ債券にしろ、一本調子でそのまま上昇することはありえないので、あまり欲張らずに売却するのがコツです。



次>公社債投信の税金
home

(c)投資信託NAVI